« サイドバッグ | Main | カーボンパーツ装着 »

2006.04.04

箱根

だいぶあったかくなってきたし、S4Rの初回点検が終わったし、土曜日は箱根に行ってきました。ずっと慣らし運転を街中でやっていたので、これがS4Rの峠デビューとなります。
ルートは小田原厚木道路→箱根ターンパイク→椿ライン→真鶴道路→西湘バイパス→横浜です。初回点検で各部の点検と燃調をやってもらったのでその調子もみてみます。

で、ショップから点検上がりの車両を受け取ってしばらく走ってみると違和感が。。。
①1速でハンクラからミートしたときにズルッと滑る
②マフラーからやたらポンポン音がする

まあ、走れないことは無いので、このまま走ってました。
帰りにストアに寄って、燃調とクラッチの清掃をしてもらって、そのまま帰りました。

一応、再調整してもらったバイクの調子をみるため、今日は年休をとって(←ズル休みじゃん!)再び箱根に行ってきました。今日のルートは小田原厚木道路→箱根新道→県道75号→芦ノ湖スカイライン→箱根ターンパイク→小田原厚木道路です。
クラッチ、燃調ともに調子が良くなり、納車直後より乗りやすくなっていました。

以前乗っていた'03M400と比較するとアクセルワークやシフトチェンジなど、同じ感覚で操作しているとまともに走れません。というか怖い思いをしてしまいます。
土曜日に椿ラインの下りでブレーキ→シフトダウン→エンジンブレーキの操作をM400感覚で操作したらリアタイアがぬるっという感じで何度か滑りました。(怖っ!)M400よりシリンダーが大きくなったため、エンジンブレーキが強力に効くようになったことが原因のようです。「スリッパークラッチかな~?」ってストアの人に「まずは慣れて下さい」って言われました。やっぱ練習かぁ~
今日は減速時にブレーキで十分スピードを殺してからエンジンブレーキをあまり効かせないようにシフトチェンジ(3000rpmくらい?)して、クリッピングを通過したところでアクセルをガバッと開けるようにしてみました。M400だと高い回転数をキープしながらマメにシフトチェンジをしないと加速が得られませんでしたが、S4Rは低い回転数からでも加速するので、こっちのほうが初心者はスムーズさがアップするようです。
他にもエンジンが大きく重くなったことやパワーが強力になったことで、M400とは別物のバイクという感じで、しばらくは箱根に通って練習です。

|

« サイドバッグ | Main | カーボンパーツ装着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3574/9430804

Listed below are links to weblogs that reference 箱根:

« サイドバッグ | Main | カーボンパーツ装着 »