« March 2012 | Main

2012.08.18

リチウムバッテリーに換えました

Blog201208181


Blog201208182


Blog201208183

先日購入したリチウムフェライトバッテリーですが、田舎に帰ったり天気が悪かったりで取り付けるのが延び延びになっていました。
今朝も雨が降っていて、あきらめモードだったのですが、午後から晴れたのでやっと取り付けしました。

取り付けは特に難しいことはありません。
ノーマルのバッテリーより一回り小さいので、バッテリーの回りにスペーサーとなる付属のスポンジみたいなシートを重ね貼りしてサイズをあわせます。
あとは、バッテリーの端子を取り付け。
ねじがYUASAのとは径が違うので、これも付属のものを使用。
スタートボタンを押すと元気にセルが回ってエンジンに火が入りました!

バッテリー自体1Kgくらいの重量なので、ノーマルと比べれば約3Kgの軽量化です。
バッテリーの不安がなくなったので、時間があれば来週くらいに山に行こうと思います。

港北のNAPSで購入しましたが、AMAZONでも同じ値段で購入できます:-)


| | Comments (56)

2012.08.06

リチウムバッテリーをゲット

Blog201208051

Blog201208052

999Rのバッテリーが逝ってしまっているようです。
昨年からバイクに乗る機会が減ってしまっていて、たまにエンジンをかけようとするとバッテリが弱くなっていていちいち充電していましたが、今日は充電しても復活しませんでした。
バッテリっていくらするんだっけ?と思っていつものショップに電話してみたら、29,400円です。。。って返事。
ちょっと想定外の回答でした。
あれ?1万円台なかばじゃなかったっけか?

予想外に高かったので、ネットで調べてみると互換バッテリっていうのもあるみたいで、安いのは5千円未満で買えそうです。
とは言ってもAMAZONの書き込みでは2ヶ月で使えなくなったとか、必ずしもYUASA製と同じ品質ではないようです。

そこで最近出てきたリチウム電池を検討。
SHORAIというメーカーとSKYRICHというメーカーを比べてみました。
SHORAIの特徴はLiFeという素材を使っており、爆発の危険が少ないとのこと。
SKYRICHのほうはバッテリにもレギュレータを内蔵していて過充電にならないようにコントロールしているとのこと。
どちらもそれぞれ長所があるようですが、やはり安全性を考えてSHORAI製をチョイス。

港北のNAPSに電話で問い合わせたところ「在庫あり」の回答だったので、そのまま直行しました。
お値段17,800円。一応、お店の人に商品説明を求めました。
まずバイクの電源を入れたら20秒ほどセルを回さないで放置しなければならないとのこと。
これはリチウムバッテリが立ち上がるのに時間が必要なためで、無理にセルを回すとエンジンがかからずバッテリが消耗してしまうとのことです。
充電器を使うなら純正を使うべきとのこと。お値段9,800円。
電圧は13Vあって、自然放電も少ないとのことなので、とりあえず使ってから充電器のことは考えます。

ということで、明日は朝からバイクのバッテリ交換ですな。

港北のNAPSで購入しましたが、AMAZONでも同じ値段で購入できます:-)

| | Comments (203)

« March 2012 | Main