携帯・デジカメ

2009.09.02

OMEGA apnea Mayol

平日は晴れていてもさすがにバイクには乗れないので、家の中で夜中に時計の写真を撮ってみました。
これはオメガ シーマスター アプネア マイヨール。
7分ストップウォッチ付きの不思議時計です。
素潜りで有名なジャックマイヨールが潜水時間を計る為に作ったのだとか。。。

水の中で息をとめてみるといい。
きっと何に対しても謙虚な気持ちになれるはずだ。
他人にも、生き物にも、自然にも……

ジャックマイヨールの言葉です。
人間関係や環境問題、動物虐待...
それだけではなくいろんな社会の歪み...
もっと素直な気持ちで接すれば、物事はうまく行くのかもしれませんね。
そんなメッセージが込められた時計なのです。

主に雨の日用としていますが、1.6mmのパスタの麺を茹でるのに便利だったりします。

Blog1_2

CASIO EXILIM FC100のHS手ぶれ補正機能を使ったお手軽手持ち撮影。

部屋を暗くしてLEDライトを照明にし、ブルー・フィルター、ISO1600で撮影してみました。
LEDライトはミニ三脚にクネクネ自由な角度に調節できるクリップで固定しました。

Blog2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.29

CASIO EXILIM FC100のハイスピードムービー機能(その2)

今日は横浜の市場でランチしてから、BMW120iでベイサイドマリーナへ行きました。
前回の動画ではCASIO EXILIM FC100のハイスピードムービー機能の素晴らしさを
伝えきれなかったような気がして、今回はおさるさんの動画をアップしました。

ジャンプする瞬間にフレームレートを切替えてみました。
30FPSでは手ぶれしちゃってます。210FPSになると手ぶれは目立たなくなります。

おさるさんかわいいですね。
CASIO EXILIM FC100のハイスピードムービー機能はこういった動きのあるシーンでこそ
面白い動画が撮影できます。

ちなみに、今日のランチは横浜の市場の中にある「もみじや」で食べました。
おまかせ定食1000円は内容充実、ボリューム満点です。

Blog1

ウニが一箱、甘エビ、カレイ、マグロ、カツオ、タコ、ホタテ。。。

Blog2

お店があまりきれいじゃないところがマニア向きです。
あと、「入っていいよ」と言われる前に店に入ったり、注文聞かれる前に言ったり
するとおばちゃんに怒られます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.08.23

CASIO EXILIM FC100のハイスピードムービー機能

ブログタイトルが999Rになっているのに、バイクネタが全然です。

CASIOのコンパクトデジカメ、EXILIM FC100のハイスピードムービー機能で動画を録画してみました。

CASIO EXILIM FC100にはハイスピードムービーという動画機能があって、
210FPS、420FPS、1000FPSの動画撮影ができます。
この中でも210FPSは30FPSから210FPSへの途中切替え機能というのがあって、
これが面白いのです。
リンクしているYOU TUBE動画は時計のテンプの動きを録画したものですが、
途中でテンプの動きがスローになって、また元の早さに戻ります。
これはカメラ側のスイッチ操作でフレームレートを切替えて撮影しています。

この機能を使えば、近づいて来るバイクを30FPSで録画し、目の前で210FPSに
切替えて、通り過ぎるときにまた30FPSに戻すということをすると、映画やコマーシャル
で使われるような効果を使うことができます。
まあ、そのうちバイクでこの機能を使ってみようと思います。

今回の動画撮影に使用した時計はORIENT STARです。
裏がスケルトンになっていて、パワーリザーブ、デイト付きで実用的なのがお気に入りです。

Blog1_2


| | Comments (4) | TrackBack (0)

CASIO EXILIM FC100で八景島の花火を撮影

今日は八景島で花火大会があったので、横浜にでかけたついでに、夕方から花火を見に行きました。
CASIO EXILIM FC100には花火撮影機能があるので、この機能を使って撮影してみました。
結果は、思ったような写真が撮れず、残念な結果となってしまいました。

花火を撮影した2枚の写真は光の軌跡がぶれて、花火の写真としては完全に失敗です。
20枚ほど撮影しましたがどれも似たような結果です。
シャッターを押したときにカメラがブレてしまうようで、手すりのような所に置いて
撮影してもどうしてもブレを無くす事はできませんでした。
またピントを外すこともしばしば。。。
結局満足できる写真は1枚もありませんでした。

三脚に固定すればブレは抑えられるかもしれませんが、三脚まで持って行くような
撮影ならFC100ではなくEOS KISS DIGITAL X2を使った方が良いですね。
EOS KISS DIGITAL X2用のリモコンシャッタースイッチも併用すれば、
カメラのぶれを完全に除去することが可能です。

Blog1

Blog2

帰りに野毛の中華料理屋さんの清香樓に寄って麻婆かけごはんを食べました。

Blog3

友人は五目あんかけご飯です。

Blog4

Blog5

ここの中華料理は値段も安く、量が多いのでガッツリいきたい時にはベリーナイスです。
ちなみに看板の写真も料理の写真もISO400に設定し、HS手ぶれ補正機能を使用して撮影しました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.05.25

CASIO EX-FC100 ゲット

久々にコンデジが欲しくなり、Amazonでポチットナしてしまいました。
CASIO EX-FC100です。
性能的には30枚連写とハイスピードビデオが特徴ですが、この特徴を生かしたHS手ぶれ補正やいち押しショット、30/210FPS途中切り替えに魅力を感じました。

Fc1001

外見は、普通のコンデジです。あまり特徴はないです。

Fc1002

操作ボタンもシンプルです。
静止画用のシャッターボタンと動画用の録画ボタンが別々になっています。
これまでCANONのIXY DIGITAL 800ISを使っていたため、ダイアルで撮影モードを切り替えてシャッターボタンで静止画もビデオも撮影という方が使いやすいと感じますが、好みの問題でしょう。
ただ、電源ONするときにいつも撮影モードで電源が入るので、ただ写真を見たくてスイッチONしたときもレンズが出てきてしまいます。ちょっとこの点は嫌ですね。

Fc1003

ON/OFFの表示の下の30と書いてあるボタンを押すと、連写モードになります。

Amazonが送料も考えると最安値の27413円だったのですが、10日に注文して23日着というのは時間がかかり過ぎですね。特に品薄という情報も無かったので。
何より23日は子供の運動会で、その日の午後に到着というのは、結局は間に合わなかったという事です。

まあ、これからいろいろ使ってみます。

| | Comments (128) | TrackBack (1)

2009.05.17

EFS 18-200 3.5-4.5 IS にプロテクターをつけました

先日オークションで購入したレンズ、EFS 18-200にKenkoのプロテクター PRO1Digitalをつけました。これで安心して使えます。

182002

実は、このプロテクターを購入するのにひと騒動ありました。

オークションで新品が2500円で出品されていたので、ちょっと高い気もしたのですが入札し、そのまま落札となったのですが、出品者から連絡がきませんでした。なんども連絡を取ろうとしたのですが、全く連絡がとれず、そのうち他の人からも悪い評価がつき始めて結局購入できませんでした。
オークションは元々リスクがあるのは分かっているのですが、こういうことがあるとオークションを利用してモノを買うのが嫌になってしまいます。
結局Amazonから3200円で購入しました。

182001

EFS 17-85 と並べて比較してみると、長さは1cmほど差があるものの、焦点距離とレンズ2本を1本にまとめた事を考えると、全然気にならないサイズです。また、重量も120gほど重くなっていますが、これも仕方ないです。

画質についても比較してみます。
ほぼ同じ条件で撮影した画像ですが、10-22と17-85は17mm相当、18-200は18mmで撮影していますので、若干画角が違います。下の3枚は撮影した画像をトリミングせずに縮小したものです。

18-200(18mm相当)
Img_01411_2

17-85(17mm相当)

Img_01451_2

10-22(17mm相当)

Img_01461_2

3つのレンズの中でも、18-200が最も樽型歪曲収差が出ているようです。

次に解像度を見てみます。下の写真は上の3枚を等倍でトリミングしたものです。

18-200
Img_01412

17-85

Img_01452

10-22

Img_01462_2

解像度は10-22が一番良くて、次に18-200、17-85の順ですね。

以上の結果以外にも85mm付近での比較もしてみました。結果は解像度ではやはり18-200が17-85を上回っていました。これらの結果からEFS 18-200 3.5-4.5 ISについては、18mmから200mmまでの高倍率でありながら手ぶれ補正が使える事、これまでより持ち歩くレンズが1本減って荷物が軽くなることは大変大きなメリットになりますし、解像度がそこそこ良いので1200万画素での撮影を楽しむのに十分な性能を持つレンズと言えます。

ということで、天気が良ければカメラを持ってプチツーリングに行きたいですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.05.12

Eye-Fi

無線LANで撮影した画像を勝手にパソコンに転送するSDカード、Eye-Fiを買ってみました。2GBで約8000円です。

Eyefi

使ってみて、これは便利と思いました。カードをカメラから抜く事なく、パソコンに撮影した画像を取り込めます。efixなmacに画像転送する設定にし、庭の撮影をしてみました。転送が完了したかどうか、カメラで確認できないので、共有ファオルだに接続したMacBookAirで画像を確認しました。

CasioのデジカメFC-100では、すでにEye−Fiに対応しており、データ転送中はアイコン表示されるようです。EOS Kiss X2にもファームウエアで対応してもらえると嬉しいです。

ところで、CasioのデジカメFC-100がとても気になっています。というか、amazonで注文してしまいました。連写機能やハイスピードムービー機能を使って、いろいろと遊べそう。コンパクトデジカメを欲しいと思ったのなんて何年かぶりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.10

EFS 18-200 3.5-4.5 IS ゲット

カメラとレンズの構成をいろいろといじっている訳ですが、予定通り「EFS 18-200 3.5-4.5 IS」を入手しました。オークションで新品未使用のものを50000円で落札しました。これに伴い、「EF 70-200 F4L」を52000円でこれまたオークションで売却しました。

今手元にあるレンズと画質をいろいろと比較してみました。
残念ながら、70-200F4Lと入れ替えだったので、このレンズとの直接比較はできませんでした。

18-200対55-250(200mm)

まずは18-200で全体(縮小)
182001
中央部(等倍)
182002
周辺部(等倍)
182003
55-250全体(縮小)
552001
中央部(等倍)
552002
周辺部(等倍)
552003

55-250の方はちょっと手ぶれでしょうかね?ISオンで1/800なのでそれは無いと思うのですが。。。
解像度は18-200が上に感じますが、周辺部の色収差は18-200の方がパープルフリンジが出ているように思います。でも、広角から望遠をカバーして、等倍でこれくらいなら許容範囲ですね。70-200F4Lだってゼロではありませんから。。。

55-250もなかなかのモノだと思いますよ。売っちゃうけど。。。
初期型のキスデジが出たときにシグマの廉価望遠レンズを付けたときにはまともに写ってくれなかったのもですが、最新レンズなら解像度、色収差ともにLレンズにも迫る画質だと言えます。周辺光量や発色の点ではLレンズですが、これらの要素は撮影後でも補正できるものですから、安い最新レンズでも十分満足できる写真を作れると思います。

USMでないという点だけが残念です。動作はそれなりに早いですが、振動と音が大きいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.05.06

CANON EOS KISS X2ゲット

デジカメを買い替えました。
X3が発売されて安くなったX2のWズームセットです。
73000円くらいでした。キャッシュバックキャンペーンで1万円キャッシュバックされるので、実質63000円くらいです。
レンズは2本ともすぐにオークションに出します。既に18-55は9800円で売却済です。今まで使っていたキスデジ Nも18000円で売れました。これから55-250オークションに出します。
あまり出番のなかった70-200F4Lと高い割に画質の良くない17-85もオークションで売って、18-200を買おうと思ってます。
出かける時の荷物を少なくしたいのと、望遠で手ぶれ補正が欲しいので、この選択になりました。トータルすると少しお金が余りそうです。
レンズのレベルを落としたからな〜
最終的には11-22、18-200、60マクロの3本に落ち着く予定です。


Kiss_n_x2

さて、キスデジNとX2の違いですが、まず解像度が800万画素から1200万画素に大幅アップしています。
あと、液晶モニターが1.8型から3型になり、写真のチェックがしやすくなりました。
といっても、実際には細かいピントまで確認はできないです。
もう一つ便利に思うのは、ISO感度がファインダー内に表示されるようになったことです。これまでよく前回設定した高感度のまま撮影してしまって、ノイズの乗った写真になる失敗があったので、ファインダーで確認できるようになると、気づく確率も高くなり、こういった失敗が少なくなりそうです。
その他にもライブビューができるとか、いろいろありそうですが、実際に使ってみて実感できるのは上記3点くらいでした。
高解像度になったおかげで、マクロ撮影した写真を等倍で表示したときなど、かなり迫力が出ます。

Rose4_2

上の写真は今年初めて咲いたアンジェラというバラです。これでも、少し縮小、トリミングしています。(ココログは1MB以上の画像をアップロードできないため)
カメラの買替えとレンズの整理をきっかけに、また写真をいろいろ撮りたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.03

CANON A-1

高校の時に買ったカメラです。思い出もあり大切にしていたのでずっと持ってようと思いましたが、先日オークションにだしました。デジタル一眼にしてから全く使わなくなってしまったので、大切に使ってくれる人に所有してもらった方がいいと思ったからです。

A11

発売当初は絞り優先、シャッター優先に加えてプログラムAEまで搭載、赤いLEDでファインダーに情報を表示するという先進的な機能に惚れこんで、無理して購入しました。当時は50mmF1.4のレンズと先輩から譲り受けたシグマの80-200(?)のレンズだけでしたが、いつも持ち歩いていろんなものを撮ってました。

大学に入ってからもこのカメラを使い続け、東北一周ツーリングもこのカメラと一緒でした。

マニュアルフォーカスでフィルム撮影を楽しんでいる人に、大切に使ってほしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)